Loading...

粟島芸術家村 Artist in Residence  

2010年、2011年春、2011年秋、2012年春、2013年と今までに多くの作家を招聘。昨年は瀬戸内国際芸術祭が開催され粟島で活動した作家、そして芸術家村の作家と島民との交流が現在も続いている。

2014年からは芸術家村事業を市の単独で行う形で継続が決定。総合ディレクターに日比野克彦氏を迎えアトリエを日比野笑学校と称して開校。7月より2人の招聘作家(岩田とも子、松田唯)、そして瀬戸内国際芸術祭に結成された粟島ぼ~い&が~るをはじめとする島民らとともに新たなスタートをきった。その成果発表として展覧会を開催する。  (テキスト/岩田とも子)

会期  2014年10月18日(土)~26日 (日)

場所 粟島芸術家村(旧 粟島中学校)

作家 岩田とも子 粟島自然観察船    

   松田唯     誰かのための染物店

ディレクター 日比野克彦

主催 三豊市

協力 粟島ぼ〜い&が〜るの会

special thanks  粟島の人たち

先週参加した調布市での廃材収集で集まった廃材の展示が明日からはじまります。クリエイティブリユースでアート!-市内の端材や廃材をアートな目線で見直そう-
会期 1/20(月)~2/9(日)※休館日 1/27(月)・28(火)
時間 10:00~18:00
会場 文化会館たづくり1階 展示室
入場料 無料

展示室には集められた廃材が楽しげに並んでおり街歩きの様子や参加者によってスタイリングされた廃材カードの写真も展示されています。私は展示室の奥のスペースのインスタレーションを担当させて頂きました。大月ヒロ子さんの提案でつくられた廃材あそびコーナーの装置も廃材と廃材が運命的に出会ってつくられていました。「これ、もしかしてここに。。。。はまった!」ていう体験ありますよね。廃材は撮影所、楽器店、美容室、など様々な場所から集まってきました。ホームセンターでの素材探とはまた違った刺激的な時間を過ごせること間違いなしです。会場は調布駅から徒歩5分です。

http://www.chofu-culture-community.org/forms/info/info.aspx?info_id=31924 
先週参加した調布市での廃材収集で集まった廃材の展示が明日からはじまります。クリエイティブリユースでアート!-市内の端材や廃材をアートな目線で見直そう-
会期 1/20(月)~2/9(日)※休館日 1/27(月)・28(火)
時間 10:00~18:00
会場 文化会館たづくり1階 展示室
入場料 無料

展示室には集められた廃材が楽しげに並んでおり街歩きの様子や参加者によってスタイリングされた廃材カードの写真も展示されています。私は展示室の奥のスペースのインスタレーションを担当させて頂きました。大月ヒロ子さんの提案でつくられた廃材あそびコーナーの装置も廃材と廃材が運命的に出会ってつくられていました。「これ、もしかしてここに。。。。はまった!」ていう体験ありますよね。廃材は撮影所、楽器店、美容室、など様々な場所から集まってきました。ホームセンターでの素材探とはまた違った刺激的な時間を過ごせること間違いなしです。会場は調布駅から徒歩5分です。

http://www.chofu-culture-community.org/forms/info/info.aspx?info_id=31924 

先週参加した調布市での廃材収集で集まった廃材の展示が明日からはじまります。
クリエイティブリユースでアート!-市内の端材や廃材をアートな目線で見直そう-
会期 1/20(月)~2/9(日)※休館日 1/27(月)・28(火)
時間 10:00~18:00
会場 文化会館たづくり1階 展示室
入場料 無料

展示室には集められた廃材が楽しげに並んでおり街歩きの様子や参加者によってスタイリングされた廃材カードの写真も展示されています。私は展示室の奥のスペースのインスタレーションを担当させて頂きました。大月ヒロ子さんの提案でつくられた廃材あそびコーナーの装置も廃材と廃材が運命的に出会ってつくられていました。「これ、もしかしてここに。。。。はまった!」ていう体験ありますよね。廃材は撮影所、楽器店、美容室、など様々な場所から集まってきました。ホームセンターでの素材探とはまた違った刺激的な時間を過ごせること間違いなしです。会場は調布駅から徒歩5分です。

http://www.chofu-culture-community.org/forms/info/info.aspx?info_id=31924 

pprtokyo:

PPR空想地学研究所の報告会を行います!

日時:2014年2月4日(火)19:30〜21:30(開場19:00)

会場:東京文化発信プロジェクトROOM302(東京都千代田区外神田6-11-14 [3331 Arts Chiyoda 3F])

料金:無料

定員:先着30名程度(事前申込可)

主催:東京都、東京文化発信プロジェクト室(公益財団法人東京都歴史文化財団)

PDFチラシ

今回の報告会では、所長である岩田や参加研究員による活動報告を行い、ゲストの藤原ちから氏と共にその意義や可能性について探ります。

報告者:岩田とも子(アーティスト、PPR空想地学研究所 所長)、PPR空想地学研究所員

聞き手:藤原ちから(BricolaQ主宰、編集者・フリーランサー)

※本研究所は、Tokyo Art Research Lab(TARL)「プロジェクト実践ゼミ」の一環として設立されました

日時:2014年2月4日(火)19:30〜21:30(開場19:00)

会場:東京文化発信プロジェクトROOM302(東京都千代田区外神田6-11-14 [3331 Arts Chiyoda 3F])

料金:無料

定員:先着30名程度(事前申込可)

主催:東京都、東京文化発信プロジェクト室(公益財団法人東京都歴史文化財団)

〈プロフィール〉

藤原ちから(BricolaQ主宰、編集者・フリーランサー):

1977年高知市生まれ。現在は横浜在住。編集者、フリーランサー。ラボラトリー&メディアBricolaQ主宰。フリーランスの編集者として活動するほか、舞台芸術の批評や紹介記事を書いている。雑誌「エクス・ポ」、下北沢のフリーペーパー「路字」(現在は休刊)、武蔵野美術大学広報誌「mauleaf」、世田谷パブリックシアター「キャロマグ」などの編集を担当。「CoRich舞台芸術まつり!」2012年、13年審査員。ヨコハマトリエンナーレ2014サポーター課外活動講師。辻本力との共編著に『〈建築〉としてのブックガイド』(明月堂書店)。徳永京子との共著に『演劇最強論』(飛鳥新社)。プルサーマル・フジコ名義で執筆することもある。

http://bricolaq.com/

岩田とも子(アーティスト、PPR空想地学研究所 所長):

1983年 神奈川県出身。東京藝術大学大学院修了。

地球、太陽、銀河といった宇宙的規模の事象に自作の装置やアイディアで向き合い制作を続けている。畑を舞台に“作物の成長と天体の関係”をテーマとした作品を新潟で発表するなど日本各地で滞在制作を行うことも多い。また、自然学校の講師と共同で子どもワークショップを森の中で行うなど、芸術と自然科学のつながりを模索している。2011年より地元の裏山を中心に“知ること”のはじまりとして自然物を記録する活動を開始している。

http://tomokoiwata.tumblr.com/(公式サイト)

 

〈お申し込み方法〉

2/3(月)までにウェブフォームまたはメール、FAXにて「お名前」「ご所属(ご職業)」「メールアドレス」「当日のご連絡先(携帯電話など)」をお伝えください。席に余裕がある場合は当日も受け付けます。

〈お申し込み・お問い合わせ先〉

Tokyo Art Research Lab 事務局(NPO法人アーツイニシアティブトウキョウ内)

E-mail:info@tarl.jp Fax:03-6740-1926

※ご記入いただいた個人情報は、本事業の運営およびご案内にのみ使用します。

Tokyo Art Research Lab(TARL)は、アートプロジェクトにまつわる問題や可能性をすくいあげ分析する、リサーチ型の人材育成プログラムです。アートプロジェクトを持続可能にするシステムの構築を目指します。東京の様々な人・まち・活動をアートで結ぶことで、東京の多様な魅力を地域・市民の参画により創造・発信することを目指す東京文化発信プロジェクト事業「東京アートポイント計画」の一環として実施しています。

PPR空想地学研究所 の公式サイトがオープンしました!


http://pprlab.jp


デザイン:川路あずさ(デザイン部長)


イラスト : 岩田とも子(所長)


開発協力 : 北原和也

研究所員による植物観察記事や空想地学的観察ドローイングやアイテムの記事、時に東京の公園紹介や植物に関する本の紹介などの記事がこちらのサイトに投稿されます。是非いろんな記事をのぞいてみてください。12/8に開催された観察会の記事もアップされています。

街にある星のまわる山
2013_10
福岡県 大名 大名アートアクション
 photo by Sakai Sakiho
星の回転は季節ごとに違う引力を生み出だしていて毎日ちょっとずつかわっていくから見逃せない。山ではお目当てだったヤマボウシの実がいつのまにか熟していたり、落ち葉が積もっていたり、夜のBGMがフクロウからスズムシにかわっていたり。そこへ人はちょっと動物的に入り込んで、美味しそうなものや暖かそうなもの、楽しそうなものを探りあて、おまけに予想外のアイテムを手にいれたりする。街でも同じことがおきていていろんなものが生まれ続けている。寒くなってきたらニット帽を探しに大名へいってみようと思う。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
私は相変わらず地元の裏山に通っていて今一番気になっているのはイノシシの存在である。足跡や地面を掘り起こした跡はばっちりと残っているのだけどイノシシそのものにはまだ会ったことがない。夜間の撮影を試みたが今のところまだ成功に至っていない。毎日出没するわけではないし、人間の痕跡というのはいろんな形で残っているらしくイノシシもそれがわかっているのかもしれない。
壁画を完成させてから約2ヶ月後、様子をみに大名を訪れた。すると壁画の上にグラフィティの描かれた痕跡があり、さらにそれを地元の方が消してくださった痕跡がみられた。衝撃は少しだけあったもののなんとなく裏山のイノシシのことを思い出した。裏山もこの壁画の山も似たようなことが起きていてどちらの山のまわりにもいろんなものが生きている。あの場所は誰かにとっての通勤路だったり、時々通る場所だったり、飲みにいってたまたま通った場所だったり、玄関を開けた目の前だったりして毎日空気も変わっていく。街にある星のまわる山はその空気で呼吸しながらうつりゆく季節の中に存在している。そう遠くはない取り壊しの日までその呼吸は続くのだ。
街にある星のまわる山
2013_10
福岡県 大名 大名アートアクション
 photo by Sakai Sakiho
星の回転は季節ごとに違う引力を生み出だしていて毎日ちょっとずつかわっていくから見逃せない。山ではお目当てだったヤマボウシの実がいつのまにか熟していたり、落ち葉が積もっていたり、夜のBGMがフクロウからスズムシにかわっていたり。そこへ人はちょっと動物的に入り込んで、美味しそうなものや暖かそうなもの、楽しそうなものを探りあて、おまけに予想外のアイテムを手にいれたりする。街でも同じことがおきていていろんなものが生まれ続けている。寒くなってきたらニット帽を探しに大名へいってみようと思う。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
私は相変わらず地元の裏山に通っていて今一番気になっているのはイノシシの存在である。足跡や地面を掘り起こした跡はばっちりと残っているのだけどイノシシそのものにはまだ会ったことがない。夜間の撮影を試みたが今のところまだ成功に至っていない。毎日出没するわけではないし、人間の痕跡というのはいろんな形で残っているらしくイノシシもそれがわかっているのかもしれない。
壁画を完成させてから約2ヶ月後、様子をみに大名を訪れた。すると壁画の上にグラフィティの描かれた痕跡があり、さらにそれを地元の方が消してくださった痕跡がみられた。衝撃は少しだけあったもののなんとなく裏山のイノシシのことを思い出した。裏山もこの壁画の山も似たようなことが起きていてどちらの山のまわりにもいろんなものが生きている。あの場所は誰かにとっての通勤路だったり、時々通る場所だったり、飲みにいってたまたま通った場所だったり、玄関を開けた目の前だったりして毎日空気も変わっていく。街にある星のまわる山はその空気で呼吸しながらうつりゆく季節の中に存在している。そう遠くはない取り壊しの日までその呼吸は続くのだ。
街にある星のまわる山
2013_10
福岡県 大名 大名アートアクション
 photo by Sakai Sakiho
星の回転は季節ごとに違う引力を生み出だしていて毎日ちょっとずつかわっていくから見逃せない。山ではお目当てだったヤマボウシの実がいつのまにか熟していたり、落ち葉が積もっていたり、夜のBGMがフクロウからスズムシにかわっていたり。そこへ人はちょっと動物的に入り込んで、美味しそうなものや暖かそうなもの、楽しそうなものを探りあて、おまけに予想外のアイテムを手にいれたりする。街でも同じことがおきていていろんなものが生まれ続けている。寒くなってきたらニット帽を探しに大名へいってみようと思う。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
私は相変わらず地元の裏山に通っていて今一番気になっているのはイノシシの存在である。足跡や地面を掘り起こした跡はばっちりと残っているのだけどイノシシそのものにはまだ会ったことがない。夜間の撮影を試みたが今のところまだ成功に至っていない。毎日出没するわけではないし、人間の痕跡というのはいろんな形で残っているらしくイノシシもそれがわかっているのかもしれない。
壁画を完成させてから約2ヶ月後、様子をみに大名を訪れた。すると壁画の上にグラフィティの描かれた痕跡があり、さらにそれを地元の方が消してくださった痕跡がみられた。衝撃は少しだけあったもののなんとなく裏山のイノシシのことを思い出した。裏山もこの壁画の山も似たようなことが起きていてどちらの山のまわりにもいろんなものが生きている。あの場所は誰かにとっての通勤路だったり、時々通る場所だったり、飲みにいってたまたま通った場所だったり、玄関を開けた目の前だったりして毎日空気も変わっていく。街にある星のまわる山はその空気で呼吸しながらうつりゆく季節の中に存在している。そう遠くはない取り壊しの日までその呼吸は続くのだ。
街にある星のまわる山
2013_10
福岡県 大名 大名アートアクション
 photo by Sakai Sakiho
星の回転は季節ごとに違う引力を生み出だしていて毎日ちょっとずつかわっていくから見逃せない。山ではお目当てだったヤマボウシの実がいつのまにか熟していたり、落ち葉が積もっていたり、夜のBGMがフクロウからスズムシにかわっていたり。そこへ人はちょっと動物的に入り込んで、美味しそうなものや暖かそうなもの、楽しそうなものを探りあて、おまけに予想外のアイテムを手にいれたりする。街でも同じことがおきていていろんなものが生まれ続けている。寒くなってきたらニット帽を探しに大名へいってみようと思う。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
私は相変わらず地元の裏山に通っていて今一番気になっているのはイノシシの存在である。足跡や地面を掘り起こした跡はばっちりと残っているのだけどイノシシそのものにはまだ会ったことがない。夜間の撮影を試みたが今のところまだ成功に至っていない。毎日出没するわけではないし、人間の痕跡というのはいろんな形で残っているらしくイノシシもそれがわかっているのかもしれない。
壁画を完成させてから約2ヶ月後、様子をみに大名を訪れた。すると壁画の上にグラフィティの描かれた痕跡があり、さらにそれを地元の方が消してくださった痕跡がみられた。衝撃は少しだけあったもののなんとなく裏山のイノシシのことを思い出した。裏山もこの壁画の山も似たようなことが起きていてどちらの山のまわりにもいろんなものが生きている。あの場所は誰かにとっての通勤路だったり、時々通る場所だったり、飲みにいってたまたま通った場所だったり、玄関を開けた目の前だったりして毎日空気も変わっていく。街にある星のまわる山はその空気で呼吸しながらうつりゆく季節の中に存在している。そう遠くはない取り壊しの日までその呼吸は続くのだ。

街にある星のまわる山

2013_10

福岡県 大名 大名アートアクション

 photo by Sakai Sakiho

星の回転は季節ごとに違う引力を生み出だしていて毎日ちょっとずつかわっていくから見逃せない。山ではお目当てだったヤマボウシの実がいつのまにか熟していたり、落ち葉が積もっていたり、夜のBGMがフクロウからスズムシにかわっていたり。そこへ人はちょっと動物的に入り込んで、美味しそうなものや暖かそうなもの、楽しそうなものを探りあて、おまけに予想外のアイテムを手にいれたりする。街でも同じことがおきていていろんなものが生まれ続けている。寒くなってきたらニット帽を探しに大名へいってみようと思う。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

私は相変わらず地元の裏山に通っていて今一番気になっているのはイノシシの存在である。足跡や地面を掘り起こした跡はばっちりと残っているのだけどイノシシそのものにはまだ会ったことがない。夜間の撮影を試みたが今のところまだ成功に至っていない。毎日出没するわけではないし、人間の痕跡というのはいろんな形で残っているらしくイノシシもそれがわかっているのかもしれない。

壁画を完成させてから約2ヶ月後、様子をみに大名を訪れた。すると壁画の上にグラフィティの描かれた痕跡があり、さらにそれを地元の方が消してくださった痕跡がみられた。衝撃は少しだけあったもののなんとなく裏山のイノシシのことを思い出した。裏山もこの壁画の山も似たようなことが起きていてどちらの山のまわりにもいろんなものが生きている。あの場所は誰かにとっての通勤路だったり、時々通る場所だったり、飲みにいってたまたま通った場所だったり、玄関を開けた目の前だったりして毎日空気も変わっていく。街にある星のまわる山はその空気で呼吸しながらうつりゆく季節の中に存在している。そう遠くはない取り壊しの日までその呼吸は続くのだ。

PPR空想地学研究所について

【TARL】コラボレーターのアーティストとして参加します

http://www.tarl.jp/cat_lesson/5271.html

まずは6/25の説明会 公開プレゼンテーション&トーク(無料)!

nihongo:

Tumblrユーザーボイス神奈川県在住・岩田とも子さん。

定期的に山や湖などへ行き、そこで目につく植物や虫や動物などについて「観測」をして、その過程で収集したものを使ってアート活動などをされています。観測/観察結果をご自身のブログ「はじめの観測」に記録されています。

いつも身の回りで頻繁に見かけるけど、それが何なのかよくわかっていないものって結構ありますよね。そんな小さな疑問、好奇心からいろいろなアートが生まれます。

 

 

 - なぜこのような身近な自然物の「観測」、勉強をされているのですか? また、どのように「観測」するものを選んでいるのですか?

もともと天体をテーマに作品をつくる活動をしていたので地球の重力、空の先や地面の下というものに興味がありました。Tumblrでの記録行為を観測と呼んでいるのも地球が一つの天体であることを意識して活動を行っていることから天体観測のイメージが浮かび、そこから取ってきました。

地面をみているうちに「植物が地上では上を向いて茎を伸ばし、地下では下に向かって根っこを伸ばしている」という当たり前のことがとても不思議に思えてきました。

Read More

口永良部島ワークショップ 島じまんマップをつくろう!

2012

ワークショップデザイン 臼井ちか

マップ作り講師 岩田とも子

ファシリテーター 金岳中学校の生徒

基地808アクセスアクセサリー計画
2012
東京 浅草     ササクサス
野菜達が集合している八百屋さんは野菜にとっての基地である。野菜はもともと地面とつながっていて地下と交信しながら芽をだし茎をのばし葉をつけ、時に花を咲かせ実をふくらませた。彼らは地面とつながる通信機であった。基地808アクセスアクセサリー計画によって八百屋を舞台に再び通信が始まる。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
GTS AWARD|ササクサスエリアに参加
野菜の写真を素材に地面と通信できるアクセサリーをつくる。浅草にある八百屋さん大元808の休日に特別にオープンするワークショップ会場として展開。
協力:大元808
基地808アクセスアクセサリー計画
2012
東京 浅草     ササクサス
野菜達が集合している八百屋さんは野菜にとっての基地である。野菜はもともと地面とつながっていて地下と交信しながら芽をだし茎をのばし葉をつけ、時に花を咲かせ実をふくらませた。彼らは地面とつながる通信機であった。基地808アクセスアクセサリー計画によって八百屋を舞台に再び通信が始まる。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
GTS AWARD|ササクサスエリアに参加
野菜の写真を素材に地面と通信できるアクセサリーをつくる。浅草にある八百屋さん大元808の休日に特別にオープンするワークショップ会場として展開。
協力:大元808
基地808アクセスアクセサリー計画
2012
東京 浅草     ササクサス
野菜達が集合している八百屋さんは野菜にとっての基地である。野菜はもともと地面とつながっていて地下と交信しながら芽をだし茎をのばし葉をつけ、時に花を咲かせ実をふくらませた。彼らは地面とつながる通信機であった。基地808アクセスアクセサリー計画によって八百屋を舞台に再び通信が始まる。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
GTS AWARD|ササクサスエリアに参加
野菜の写真を素材に地面と通信できるアクセサリーをつくる。浅草にある八百屋さん大元808の休日に特別にオープンするワークショップ会場として展開。
協力:大元808

基地808アクセスアクセサリー計画

2012

東京 浅草     ササクサス

野菜達が集合している八百屋さんは野菜にとっての基地である。野菜はもともと地面とつながっていて地下と交信しながら芽をだし茎をのばし葉をつけ、時に花を咲かせ実をふくらませた。彼らは地面とつながる通信機であった。基地808アクセスアクセサリー計画によって八百屋を舞台に再び通信が始まる。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

GTS AWARD|ササクサスエリアに参加

野菜の写真を素材に地面と通信できるアクセサリーをつくる。浅草にある八百屋さん大元808の休日に特別にオープンするワークショップ会場として展開。

協力:大元808